Skip to main content

オンラインカジノは違法?合法? 

オンラインカジノが違法か合法か、とても気になるところですよね?

当サイトではオンラインカジノは日本ではグレーゾーンにあるという立場をとっていますが、実際にオンラインカジノを運営している海外に籍を置く会社は、公式に運営ライセンスを取得しており、違法行為や違法賭博サービスなどは行っていないので、合法と言えます。

ではなぜ当サイトはグレーゾーンという立場をとっているのでしょうか?

それはズバリ、過去に日本在住のプレイヤーが【日本人向けのサービスを提供している違法オンラインカジノ】提供のライブゲームをプレイし、逮捕された事件が実際にあったからです。

しかし、摘発されたネットカジノは、当サイトで紹介しているオンラインカジノを合法に運営しているサイトとは全くの別物です。

よって、中にはオンラインカジノを違法に運営している違法ネットカジノサイトもあれば、オンラインカジノを合法的に運営しているネットカジノサイトもあるということを加味し、当サイトでは【現在のところオンラインカジノは日本ではグレーゾーン】という中立の立場をとっています。

では、どうやって合法オンラインカジノと違法オンラインカジノを見極めればいいの?と心配になりますよね?

そこで当サイトでは以下のセクションにオンラインカジノを合法的に運営しているおすすめ&安全性抜群のオンラインカジノを紹介していますので、是非御覧ください!

おすすめ合法オンラインカジノまとめ

以下にリストアップされているオンラインカジノは、合法的にオンラインカジノを営業していますので、安心してカジノゲームを楽しむことができます!また、登録するだけでもらえる登録ボーナスや入金還元ボーナスもたくさん取り揃えていますので、是非お試しください!

オペレーター ボーナス リンク
ベラジョンカジノって違法? ベラジョンカジノって違法? $1000+$10 プレイ
ワンダリーノ(Wunderino)って違法? ワンダリーノ(Wunderino)って違法? $200+30キャッシュスピン プレイ
インターカジノって違法? インターカジノって違法? $1000+$10 プレイ
ラッキーニッキーって違法? ラッキーニッキーって違法? $999 or 666回のスーパースピン プレイ
Cloudbetカジノって違法? Cloudbetカジノって違法? 5ビットコイン+ 50フリースピン プレイ
カジ旅って違法? カジ旅って違法? $500 + 100フリースピン プレイ
ジパングカジノって違法? ジパングカジノって違法? $600 プレイ
ライブカジノハウスって違法? ライブカジノハウスって違法? $900+$30+90フリースピン プレイ
gambola(ギャンボラ)って違法? gambola(ギャンボラ)って違法? $50 プレイ
カジノエックス / casino-x って違法? カジノエックス / casino-x って違法? 20万円+200フリースピン プレイ
カジノシークレット(Casino Secret)って違法? カジノシークレット(Casino Secret)って違法? 最大50%の$470キャッシュバック プレイ
ウィリアムヒルカジノって違法? ウィリアムヒルカジノって違法? $150+50フリースピン プレイ
スポーツベットアイオーカジノって違法? スポーツベットアイオーカジノって違法? 期待して待ちましょう! プレイ
ジャックポットシティって違法? ジャックポットシティって違法? $400 プレイ

こんなオンラインカジノは違法【危険】

こんなオンラインカジノは違法で危険です!

上記のような海外で公式ライセンスを所有しているオンラインカジノ(ネットカジノ)は安全ですが、ライセンスを所持していないオンラインカジノは違法で危険です!

でもどうやってライセンスを所有していない違法カジノを特定するのでしょうか?

答えは簡単!当サイトで紹介しているライセンスを所持している違法性のないオンラインカジノでプレイするのが、違法ネットカジノを避ける一番の方法です!

日本の賭博に関する2種類の罪

日本の賭博に関する2種類の罪とは?

日本には、大きく分けて賭博に関する罪が2つあります。

まずひとつ目に賭博罪です。賭博罪とは、その名の通り違法にお金を賭ける行為のことを指し、賭けを行ったものが背負う罪になります。

一方2つ目の賭博場開張図利罪とは、賭博ができる場所を違法に提供した者に適応される罪です。

闇カジノに出入りし、逮捕されたバドミントンの桃田選手などが課せられた罪は賭博罪で、闇カジノ運営者に課せられた罪は賭博場開張図利罪となります!

要は、この2つの罪は表裏一体で、何故かと言うと賭博をする場所が提供されていないのに、賭博を行うことは基本的に考えられないからです。

パチンコが違法にならない理由とは?【三店方式】

三点式-オンラインカジノ違法

パチンコ店がどうして違法賭博にあたらないかご存知ですか?簡単に上記の画像を用いて説明すると、①パチンコ店、②卸問屋(おろしどんや)、③景品交換所の3店間で、うまく売却と買い取りが行われており、パチンコを遊戯するお客は、景品を手に入れると、すぐに景品交換所へ持っていき売却し、代金を受け取ります。

その後、景品交換所卸問屋へ売却し、代金を得ます。そして卸問屋は買い取った景品をパチンコ店へ販売・再包装します。

これにより最終的にパチンコ店に景品が行き着き、このサイクルが繰り返され、パチンコ店による実質的なお客への直接の金銭の受け渡しはありません!よって違法行為とはみなされないということになります!

日本で運営されているオンラインカジノは違法!

当ページ冒頭でもご説明した通り、日本人向けのサービスに特化しているオンラインカジノや日本国内で営業されているオンラインカジノは違法の可能性が非常に高いです。

もし万が一、日本で営業されているネットカジノや公式ライセンスを取得していないネットカジノを見つけた場合は、絶対にプレイしないでください!なぜなら、違法カジノとして摘発された際に、プレイしただけで同伴になる可能性があるからです!

「怪しい!」と思ったら、まずライセンス情報のページへ飛び確認しましょう!しかしながら、ライセンスページは基本的に英語の場合はほとんどなので、その場合は当ページで紹介している安全な合法ネットカジノレビューを御覧ください!

オンラインカジノで逮捕者?

オンラインカジノ-逮捕

オンラインカジノ 逮捕事例としては、過去には以下の2つの事件があります。

  • 2016年2月 NetBanQ事件
  • 2016年3月 スマートライブ事件

この2つの事件について、事件が起きた経緯などについて詳しく見ていきましょう!

2016年2月 NetBanQ事件とは?

2016年2月 NetBanQ事件は、日本国内でオンラインカジノ向けに利用できる入出金口座サービスを違法に運営し、日本在住プレイヤーにサービスを提供し、不正に賭博行為をさせたとして、主犯格の男らが逮捕いされた事件です。

容疑者は関与は認めたものの、賭博に関しては自身の関与を認めてはいません。

どちらにせよ、NetBanQ事件は少ないオンラインカジノ 逮捕事例の一つです。

2016年3月 スマートライブ事件とは?

スマートライブ事件は、もっとも世間を騒がしたオンラインカジノ関連の逮捕者が出た事例で、なぜそこまで世間を騒がしたかと言うと、、「スマートライブの運営会社はイギリスの会社で公式にライセンスを取得している会社」だからです。

ではなぜ逮捕者がでる事態となったのでしょうか?

理由は以下の3つです!

  • 日本人専用のライブカジノテーブルがあり、日本人ディーラーによる日本人専用の日本語サービスが提供されていた。
  • 日本人のサラリーマンのスケジュールに合わせてカジノ運営がされていた。
  • 第三者が他のプレイヤーのアカント名や賭け金を簡単に見ることができた。

これらの理由により、違法に日本人にサービスを提供していたと判断され、SNSなどから個人情報を特定し、最終的に逮捕者が出たというわけです!

※この事件からプレイヤーが気をつけることは、SNSなどに気軽に自身のプレイ動画を載せないことです!

ジパングカジノのスマートライブ事件に対する見解メールとは?

ジパングカジノ-見解メール

ジパングカジノでは、スマートライブ事件を受けて、以下のような見解をメールでユーザーに送信しました。

”他のオンラインカジノ様でのご遊戯にて逮捕者が出ている事についてでございますが、公開されている情報を精査すると、特定方向への誘導も感じられる部分もあり、また逮捕=有罪(推定有罪)が全面的に押し出されている感があるかと存じます。

また現行法にて、オンラインカジノとして明確に定められていないと思われる状況下では、属人主義ではない賭博法の適用に疑問を感じるところであります。

この一連の件に総じて言えることでは有りますが、報道の文章から見る限り、現在日本の刑法で制定されている賭博法の解釈に当てはめる事は難しく、罪刑法定主義として禁じられている、類推解釈、拡大解釈の可能性があるかと考えております。

報道で出ているカジノが私どものブランドではない弊社として、今回行動を起こすことはできませんが、今後、弊社ブランドでの遊戯にて登録者が逮捕され、それが弊社ブランドと共に公表されることがあれば、貿易上の不公平を訴え、弊社保有ライセンス国を通じWTO(国際貿易機関)に問題提起することを考慮し、また名誉毀損にて当該国裁判所に向けて提訴する事も吝かではありません。”

引用: ジパングカジノの見解メール

この長々した文章をまとめると、【うちのお客を理不尽な理由で提訴した場合、法律に準じて正々堂々と戦います。】という宣戦布告の内容度となっています!

ジパングカジノのように、公式ライセンスを取得している公式カジノでは、このようにしっかりと法律に準じて運営をしているので、まず安心だと言って良いでしょう!

日本でもカジノが解禁?カジノ法案とは?

日本でも最近になって頻繁にカジノ法案(IR法案)という言葉を耳にします。ではカジノ法案とは何なのかというと、2016年12月に可決された統合型リゾート(IR)整備推進法案(通称カジノ法案)のことを指し、近い将来日本にもIR施設ができ、日本初のカジノが合法的に解禁になると見られています!

ギャンブル依存症の対策などが懸念されていますが、今後の動向に注目ですね!

まとめ

オンラインカジノ 違法 or 合法の見解は十人十色と言えるかもしれませんが、過去のオンラインカジノ 逮捕事例なども考慮すると、極めてグレーゾーンに近い位置にあるといえるでしょう。しかし、しっかりと公式ライセンスを取得している合法オンラインカジノでプレイするだけなら、逮捕される確率はほぼゼロに近いでしょう!プレイヤー側で注意すべきことは、①ライセンス情報を確認する、②日本人専用のサービスに偏っているカジノは避ける、③SNSなどで動画や投稿をしないことです!これを守れば、オンラインカジノを違法に提供しているネットカジノには当たらないでしょう!また、初心者の方は、当ページで紹介している安全なおすすめオンラインカジノを参考にしてください!

よくある質問

もちろんですが、日本人人気ナンバー1のベラジョンは違法カジノではありません!ベラジョンマルタ政府公認機関(MGA)より公式にライセンス提供を受けており、合法的にカジノ運営をしていますし、無料登録ボーナスも提供しているので是非お試しください!

当ページでも詳しく述べていますが、中にはオンラインカジノを違法に運営している違法ネットカジノサイトもあります。しかしオンラインカジノを合法的に運営しているネットカジノサイトもたくさんあります。ルールを守り、安全な合法カジノでプレイすれば、まずトラブルに巻き込まれることはないでしょう!

合法カジノで安全にプレイを楽しみたいという方は、是非当ページの冒頭にある【おすすめ合法カジノまとめ】をご覧ください!合法的にカジノ運営をしているおすすめオンラインカジノをまとめで端的にまとめてありますので、お時間のない方でもひと目でおすすめなオンラインカジノがわかります!