Skip to main content

オンラインカジノ 違法?合法?

オンラインカジノ 違法 合法問題は議論を呼んでいますが、オンラインカジノは違法ではありません
オンラインカジノは公式ライセンスを所得しており、実際にたくさんの日本人プレイヤーが日々オンラインカジノを安全に日本から楽しんでいます。
当ページでは「でもやっぱり違法性が怖い」という方のために、オンラインカジノ 違法/ 合法性のさらに詳しい法律的解説オンラインカジノ 合法サイトランキングなどをご紹介しています。

オンラインカジノ 合法ランキング!

# オペレーター ボーナス
1
KaKeYo カジノ
4.5/5

¥ 100.000 ボーナス

10万円入金ボーナス+1,000円RFB+50フリースピン

利用規約
1,000円を入金し、30日以内に10倍の出金条件をクリア。
2
King Billy
4.5/5

FS 21 ボーナス

¥100,000+21入金不要フリースピン

利用規約
初回入金から4度目入金が対象。(ボーナスコード記入必須) 賭け条件はボーナス額の30倍、有効期限は受け取り時から30日開。
3
ライブカジノハウス
4.5/5

FS 20 ボーナス

200%還元 $400入金ボーナス+$30入金不要ボーナス+20フリースピン

利用規約
40倍
4
カジノシークレット
5/5

$ 583 ボーナス

$33入金不要ボーナス+最大$550キャッシュバック

利用規約
初回入金後、カジノゲームで負けた場合、初回入金額の50%(半分)がキャッシュバックされます!ボーナスの出金条件はありません!
5
スポーツベットアイオーカジノ
4/5

ボーナス

期待して待ちましょう!

利用規約
スポーツベットアイオーには、カジノのボーナスはありませんが、他にはない特典がたくさんあります!
6
1XSLOTS カジノ
4.5/5

¥ 180.000 ボーナス

最大180,000円ボーナス+ 入金不要フリースピン100回

利用規約
入金ボーナス: 最低入金額は 1200 円、出金条件はボーナス額に対し 25 倍、最大ベット額は 600 円、有効期限は 7 日間まで。
7
YOJU Casino
4.5/5

¥ 65.000 ボーナス

最大 65,000 円のウェルカムボーナス

利用規約
2,500 円以上の入金、最大ベット額は 600 円まで、賭け条件はボーナス獲得額に対し 40 倍、有効期限はボーナスを獲得してから 7 日間まで!
8
ワイルズカジノ
4.5/5

¥ 52.000 ボーナス

¥50,000入金ボーナス+¥2,000入金不要ボーナス

利用規約
最低入金額は 1,000 円、出金賭け条件は 35 倍 (入金額+ボーナス額)、有効期限は 24時間
9
CAXINO
4/5

¥ 20.000 ボーナス

100%還元の¥20,000入金ボーナス

利用規約
1000 円以上を入金、出金条件はボーナス額に対し 35 倍、最大ベット額は 50 円、ボーナス受取日から60 日まで有効
10
ビットカジノ
4.5/5

¥ 40.000 ボーナス

100%還元の¥40,000 (mɃ80)入金ボーナス

利用規約
35倍
11
Leovegas
4/5

¥ 170.000 ボーナス

¥170,000の入金ボーナス+10フリースピンの入金不要ボーナス

利用規約
賭け条件なし(入金不要)/ 20倍(入金)
12
Casino Gods
4/5

$ 1.200 ボーナス

入金ボーナス$1200+200フリースピン

利用規約
有効期限14日。賭け条件は30倍 。フリースピンの有効期限は進呈から換算して72時間。
13
gambola
4.5/5

$ 25 ボーナス

$25 入金不要ボーナス+リベート

利用規約
7倍賭け条件、獲得し消化後は登録ボーナスの受け取りも可能。

上記の合法 オンラインカジノサイトはそれぞれ信頼性の高いライセンス(マルタライセンス(MGA)やキュラソーライセンスなど)を取得しており、日々厳しい監査体制の中サービスを提供しているネットカジノなので、安全にネットでカジノを楽しむことができます。

オンラインカジノの違法性を大解説!3分で分かる!

オンラインカジノで逮捕?違法 カジノは危険

オンラインカジノ-逮捕オンラインカジノ 逮捕事例としては、過去に以下の2つの事件があります。

  • 2016年2月 NetBanQ事件
  • 2016年3月 スマートライブ事件

この2つのオンラインカジノ 逮捕事例について、起きた経緯などについて詳しく見ていきましょう!

2016年2月 NetBanQ事件とは

2016年2月 NetBanQ事件では、日本国内でオンラインカジノ向けの入出金口座を違法運営し、国内プレイヤーへサービスを提供、不正賭博行為をさせたとして、主犯格の男らが逮捕されました。

容疑者は関与は認めたものの、賭け事に関しては自身は関与していないと主張しました。

2016年3月 スマートライブ事件とは

スマートライブ事件は、もっとも世間を騒がしたオンラインカジノ関連例ともいえるでしょう。

理由には「スマートライブの運営会社はイギリス企業で公式にライセンスを取得していた」にも関わらず逮捕者が出たことがあります。

このような事態に陥った背景には以下の3点があります!

  • 日本人専用のライブカジノテーブルで日本人ディーラーによる日本語サービスが提供された。
  • 日本人のサラリーマンのスケジュールに合わせてカジノ運営がされていた。
  • 第三者が他のプレイヤーのアカント名や賭け金を簡単に見ることができた。

これらの理由により、違法に日本人にオンラインカジノのサービスを提供していたと判断され、SNSなどから個人情報を特定し、最終的に逮捕者が出たというわけです!

※この例からSNSなどに自身のプレイ動画を載せないようプレイヤーは気をつけるべきです!

ジパングカジノのスマートライブ事件への見解メール

ジパングカジノ-見解メール

ジパングカジノでは、スマートライブ事件を受けて、以下のような見解をメールでユーザーに送信しました。

”他のオンラインカジノ様でのご遊戯にて逮捕者が出ている事についてでございますが、公開されている情報を精査すると、特定方向への誘導も感じられる部分もあり、また逮捕=有罪(推定有罪)が全面的に押し出されている感があるかと存じます。

また現行法にて、オンラインカジノとして明確に定められていないと思われる状況下では、属人主義ではない賭博法の適用に疑問を感じるところであります。

この一連の件に総じて言えることでは有りますが、報道の文章から見る限り、現在日本の刑法で制定されている賭博法の解釈に当てはめる事は難しく、罪刑法定主義として禁じられている、類推解釈、拡大解釈の可能性があるかと考えております。

報道で出ているカジノが私どものブランドではない弊社として、今回行動を起こすことはできませんが、今後、弊社ブランドでの遊戯にて登録者が逮捕され、それが弊社ブランドと共に公表されることがあれば、貿易上の不公平を訴え、弊社保有ライセンス国を通じWTO(国際貿易機関)に問題提起することを考慮し、また名誉毀損にて当該国裁判所に向けて提訴する事も吝かではありません。”

引用: ジパングカジノの見解メール

この長々した文章をまとめると、【うちのお客を理不尽な理由で提訴した場合、法律に準じて正々堂々と戦います。】という宣戦布告の内容度となっています!

ジパングカジノのように、公式ライセンスを取得しているカジノでは、このようにしっかりと法律に準じて運営をしているので、まず安心だと言って良いでしょう!

日本の賭博罪とは

日本の賭博に関する2種類の罪とは?現在、大きく分けて賭博に関する罪が2つあります。

  1. 賭博罪(とばくざい)
  2. 賭博場開張図利罪(とばくじょうかいちょうとうとりざい)

まず一つ目が賭博罪」。これはその名の通り違法にお金を賭ける行為のことで、賭けを行ったものが背負う罪のことです。

一方2つ目の賭博場開張図利罪」は、賭博ができる場所を違法に提供した者に適応される罪です。

例えば、闇カジノに出入りし、逮捕されたバドミントン選手などが課せられた罪は賭博罪で、闇カジノ運営者に課せられた罪が賭博場開張図利罪となります!

要は、この2つの罪は表裏一体で、何故かと言うと賭博をする場所が提供されていないのに、賭けを行うことは基本的に考えられないからです。

なぜ日本の法律ではオンラインカジノはグレーゾーンなのか

現状日本では、オンラインカジノは法律的理由で「グレーゾーン」にあるということになります。

これはなぜかというと、上記で簡単に説明した通り「日本にはオンラインカジノという海外のサービスを裁く法律がない + サービスを提供する企業が海外企業で日本の法律が届かないから」です。

現状ではヨーロッパなどにオフィスを構えるオンラインカジノ会社には、日本の法律が適用されることはなく、尚且つ公式運営ライセンスを所得しているので、日本人のオンカジプレイヤーだけ逮捕したところでサービスを提供する胴元を捕まえることができないので、法的に裁けないということになります。

では次に、「オンラインカジノが本当に違法なのか」について、私の実際にオンカジ会社で働いた実体験をご覧ください↓↓↓

オンカジ業界関係者の私の実体験

私のプロフィールにあるように、誰もが知っているある某人気オンラインカジノで長らく働いていた経験があり、ネットカジノ 違法 / 合法問題については他のどのレビューサイト管理人より生の実体験を語ることができる自信があります。

単刀直入にいうと、法的に見るとオンラインカジノは違法でも合法でもないグレーゾーンにありますが、実際にオンカジ会社で働き、ライセンス規定に基づいた定期的な監査を経験した者としては、「オンラインカジノは違法からはかけ離れたもの」で、違法行為を行うと会社的に想像を絶する額の罰金に課せられることから、社内でのセキュリティ措置からライセンス規定に則ったサービス運営に命をかけています。よってネットカジノが違法行為をするメリットは全くないということになります。

過去にはあるオンラインカジノ会社が約20億円もの罰金に課せられたこともあります。

オンラインカジノのライセンスをおさらい

上記でオンラインカジノ ライセンスについて何度か言及しましたが、ここではオンラインカジノライセンスについて簡単に解説しています!

まず大きく分けて以下のライセンスが最も信頼性の高いです!

  1. マルタライセンス(MGA)
  2. キュラソーライセンス
  3. ジブラルタルライセンス
  4. イギリス賭博委員会ライセンス(GC)

当ページ冒頭で紹介しているオンラインカジノ及び以下の3つの安全なオンラインカジノは皆、これらのライセンスを公式に取得し、日々の厳しい監査をクリアしながら運営をしているので、違法 カジノではなく安心して安全にカジノプレイをお楽しみできます。

信頼のライセンス付きおすすめオンラインカジノ3選
選べる超高額ボーナスあり
アニメオンカジの先駆者
出金条件がやや高め
超大人気オンカジ
ボーナスの種類が豊富
決済方法はやや乏しい
LINE対応あり
完全日本語対応
ボーナス規約が少しややこしい

ちなみにライセンス取得をするには、提供しているサービスの公平性や安全性などに関する規定事項をクリアしなくてはいけません。また、一度所得したからといって、その後一生ライセンスを維持できるということはなく、マルタライセンスを例にとると、4ヶ月ごとに厳しい監査が入ります。

日本国内で運営のオンラインカジノは違法 カジノ

日本国内で営業されているオンラインカジノは違法の可能性が非常に高いです。

なぜなら、現在日本ではオンラインカジノの運営ライセンスを発行しておらず、この時点で違法 カジノということになります。

万が一、日本で営業されているネットカジノや公式ライセンスを取得していないページを見つけた場合は、絶対にプレイしないでください!もしも違法 カジノとしてネットカジノが摘発された場合、プレイしただけで同伴になる可能性があるからです!

違法カジノは絶対に避けましょう! 合法オンラインカジノランキングに戻る!

当ページ紹介している全てのオンラインカジノは合法的に運営している安全なサイトなので、これからネットカジノを始める方は是非ともご参考にしてください!新規登録者特典が満載です!

まとめ

オンラインカジノ 違法 or 合法の見解は十人十色と言えるかもしれませんが、過去の逮捕事例なども考慮すると、極めてグレーゾーンに近い位置にあるといえるでしょう。

しかし、しっかりと公式ライセンスを取得している合法 オンラインカジノでプレイするだけなら、逮捕される確率はほぼゼロに近いでしょう!

プレイヤー側で注意すべきことは、
① ライセンス情報を確認する
② 日本人専用のサービスに偏っているカジノは避ける
③ SNSなどで動画などの投稿をしない
ことです!これを守ればネットカジノの違法性から自身を守ることができると思います。

初心者の方は、当ページの安全な合法的にカジノ運営をしているオンカジを参考にしてください!

よくある質問

オンラインカジノは違法ではありません。しかしはっきりとネットカジノは合法と言い切れるわけでもありません。詳しい法的説明は、当ページを参考にしてください。

オンラインカジノで逮捕者が出たと噂になっていますが、基本的には違法に日本国内でオンラインカジノを営業していた違法 カジノ業者関連の事件となります。この事例に関する詳しい解説は当ページにございます。

違法 カジノ関連のニュースを日本でも最近時より耳にしますが、違法カジノとはライセンスを持たない違法にカジノのサービスを提供しているものを指し、違法ネットカジノは摘発の対象となります。

現状、オンラインカジノを取締る法律は日本にありません。日本の賭博に関する法律はいくつかありますが、それらの法律はオンラインカジノにどのような影響があるのでしょうか?当ページを是非ご覧ください。