Skip to main content

カジノ法案 (IR法案)とは? 統合型リゾート 徹底解説!

カジノ法案(IR法案)とは2016年12月に可決された統合型リゾート(IR)整備推進法案(通称カジノ法案)のことを指します。

カジノ法案の認可により日本初のカジノがついにできる!とメディアやマスコミから大注目されており、最近では頻繁に耳にするキーワードとなっていますよね。

しかしながら、ギャンブル依存症対策や統合型リゾート付近の治安・交通整理、IR誘致などの懸念や問題から、物議をかもしている話題でもあります。

当ページ「カジノ法案( IR法案)なぜ可決?カジノ候補地とメリットとは?」では、

  1. 複合型リゾートとは?
  2. 気になるカジノ法案(IR法)がなぜ可決されたのか
  3. カジノ法案のメリットとデメリット
  4. カジノ候補地として有力な誘致場所
  5. 日本初のカジノができるのはいつ
  6. IRカジノの入場制限&入場料
  7. パチンコ業界への影響

などに関して、どこよりも詳しく最新の情報を提供・解説しています!

統合型リゾート とは?

複合型リゾートとは-カジノ法案

統合型リゾートとは、ショッピングモール、カジノ、映画館、レストラン、ホテル、温泉施設(日本の場合)、国際会議場や展示会場などの施設をすべて含んだ大型複合施設のことです。

カジノ法案という言葉が先行して、「統合型リゾート」の本来の意味が誤解されているようですが、このカジノ法案の正式名称は冒頭で述べたとおり「統合型リゾート(IR)整備推進法案」で、この法案を簡単に説明すると、「日本にも海外にある大型複合施設(ショッピングモール、ジム、カジノなど)のような施設を作ろう!」というものです!

カジノももちろんこの統合型リゾートの一角に建設が予定されていますが、カジノ施設がメインというわけではないです。

もちろんカジノができた場合、カジノ好きの日本人および外国人の来場が予想されますが、もちろんホテルやショッピングモール、レストランなども併設されるので、子供から大人まで楽しめるとても楽しい施設でもあります!

オンラインカジノの方がIRカジノより利便性がある?

# 入金不要 カジノ 入金不要ボーナス 最新
1
カジノシークレット
5/5

$33

入金不要ボーナス

利用規約
10倍のボーナスの出金条件
2
ベラジョンカジノ
5/5

$10

入金不要ボーナス

利用規約
20倍のボーナス出金条件
3
Joo Casino
4/5

¥1,200

入金不要ボーナス

利用規約
50倍のボーナスの出金条件
4
Slotty Vegas
4/5

¥3000

入金不要ボーナス

利用規約
40倍のボーナス出金条件
5
KaKeYo カジノ
4.5/5

2,500 円

入金不要ボーナス

利用規約
1 倍のボーナス賭け条件
6
Mystino casino
4.5/5

$ 10 ボーナス

入金不要ボーナス

利用規約
賭け条件 1 倍
7
ライブカジノハウス
4.5/5

$30

入金不要ボーナス

利用規約
40倍のボーナス出金条件
8
Casino Gods
4/5

$20

入金不要ボーナス

利用規約
40倍のボーナスの賭け条件
9
gambola
4/5

$ 25 ボーナス

入金不要ボーナス

利用規約
7倍賭け条件、獲得し消化後は登録ボーナスの受け取りも可能。
10
インターカジノ
4/5

$10

入金不要ボーナス

利用規約
30倍のボーナス出金条件
11
888casino
4.5/5

$888

入金不要ボーナス

利用規約
30倍のボーナス出金条件
12
Slotwolf Casino
4/5

50フリースピン

入金不要ボーナス

利用規約
45倍のボーナスの出金条件
13
FortuneJack カジノ
3/5

25フリースピン

入金不要ボーナス

利用規約
40倍のボーナス出金条件

IR法案が可決された今、全国の3箇所に日本初のランドカジノ(ラスベガスにあるようなカジノ施設)が建設される予定ですが、オンラインカジノの方がIRカジノより利便性があるというのはどういうことでしょうか?

確かに2つとも「カジノ、ギャンブル」というカテゴリーで共通項があり、ターゲットとなるプレイヤー層もほとんど同じと言って良いでしょう。しかし、一つの大きな違いは「オンラインカジノは自宅でも通勤中お電車の中でも、就寝前のベッドの中でも、いつでも好きな場所好きな時間にスマホやデスクトップ、タブレットなどで気軽にプレイでき、IRカジノの場合入場料を払って自ら出向かないといけない点」だと言えます。

また、上記にリストアップされているオンラインカジノは新規プレイヤー向けの「ボーナス」やハロウィーン、クリスマスに合わせたキャンペーンやイベントなども盛り沢山です。これはランドカジノにはない得点ですよね。

甲乙つけがたいというのが正直なところですが、専門家の意見としては、IRカジノに実際に行きカジノゲームに挑戦する前に、オンラインカジノでお好きなカジノゲームをボーナスを使って無料でプレイし、練習をすることをおすすめ致します!

オンラインカジノが違法?

結論から言うと、日本在住プレイヤーでも安全に海外のオンラインカジノサイトでカジノを楽しむことができ、オンラインカジノは違法ではありません。

なぜならそれらのサイトは合法的にライセンスを受け、ライセンス規定に則ってサービスを提供しているからです。

しかし、過去にはライセンス規定に従わず、日本人専用のサービスを提供して摘発されたカジノがあり、そのニュースによりオンラインカジノは違法だと勘違いされているケースがほとんどです。よって当ページで紹介しているオンラインカジノで楽しむ分には安全です。

カジノ法案 可決 なぜ?IRカジノ 法案成立の真実!!

トランプ-安倍-カジノ法案-なぜ

カジノ法案の可決はなぜこうも急だったのでしょうか?

実はこのカジノ法案は過去5年間、何の進展もなく、2週間で急に可決!となりました。

これには安倍首相と米大統領トランプ氏との間で秘密の会談があったと推測されています。

これはとても有名な話ですが、トランプ氏の選挙資金の支援者の一人に米カジノ業界で知らぬ人はいないラスベガス・サンズ会長のシェルドン・アデルソン氏という方がおり、日本のIR法にとても強い興味を示しています。

これにより、アメリカ大統領選挙後、安倍総理が日本を代表してトランプタワーに訪れた際に、2人の間でなんらかの会談があり、会談の内容は公に公開されていません

その後2週間以内に、なぜか急にカジノ法案が可決されました。一般庶民にとっては、「なぜ急にカジノ法案が可決したの?」の一言につきますが、実は一国の代表間で何かしらの会談が行われた線が濃厚です。

カジノ法案のメリットとデメリットとは?

カジノ法案可決に伴い気になるのは、カジノ法案のメリットとデメリットではないでしょうか?ここではカジノ法案のメリットとデメリットを分かりやすく箇条書きにして、端的に説明していますので、是非御覧ください!

カジノ法案のメリット

  • 外貨獲得!観光産業の向上!
  • 地域発展!経済波及効果!
  • 東京オリンピック以降も日本が注目される!
  • 雇用の創造!

カジノ法案のデメリット

  • ギャンブル依存症
  • 治安の悪化の懸念
  • マネーロンダリング

IRカジノ 候補地❘ 大阪カジノ・東京カジノは実現可能?

カジノ候補地-カジノ法案

日本在住の皆さんが気になるのは、IRカジノ候補地がどこになるの?ということではないでしょうか?カジノ候補地として噂されているのは東京、大阪、北海道、神奈川(横浜)、千葉、愛知、和歌山、長崎などですが、全体的に見ると、立地条件や論理的に考えると「大阪」「長崎(ハウステンボス)」「北海道(苫小牧)」が一番有力なカジノ候補地となっています!

なぜ大阪がカジノ誘致に力を入れているかと言うと、すでに2025年に大阪で国際博覧会が予定されており、外国からのたくさんの観光客の来日が期待されていて、これを機会にIRカジノと合わせて、関西地方に経済波及効果を持っていきたいという思惑があるからです。

以前までは、東京初のカジノ誕生?と期待されていましたが、現状では東京の線は非常に薄くなってきており、さらに東京(お台場)にはすでに「カジノヴィーナス(Casino Venus)」というカジノがあり、合法的にカジノを楽しめるということです。

またダークホースとして最近急激に誘致活動に力を入れ始めたのが「長崎県」です。

なぜ長崎?と思う方もいらっしゃるとは思いますが、長崎のハウステンボスの周辺にカジノ施設を建設しよう!という狙いがあるそうです!長崎は都心からとても遠いですが、経済波及効果を日本中にもたらすという点では、地方に統合型リゾートを作るメリットも有るかとは思います!

更に「北海道(苫小牧)」も観光産業の向上を目指しており、最近では外国人だらけの町があり、冬には外国人観光客がスキーやスノボーを楽しみにたくさん来日することで知られています。

しかし今後も各都道府県のPR合戦・誘致戦略から目が話せません!

日本カジノ実現はいつ?カジノ法案の現状と今後の予定

では実際のところ、日本カジノ実現はいつごろになるのでしょうか?

日本初のカジノの成立はいつになるのかと言うと、現状では2025年あたりを目標にしているそうです!

以前までは、2020年の東京オリンピックに合わせて統合型リゾートの建設が完了するとの予測がされていましたが、そんなことは全くなく(笑)オリンピックの問題とギャンブル依存症対策の議論などの審議が長引き、この話は自然消滅しました。

上述の通り、大阪に日本初のIR施設を2025年までに建設するに急ピッチで進める必要があるので、今後の動向に注目していきましょう!

秋元議員 中国企業 500ドットコムから賄賂!?

秋元議員(自由民主党 衆院議員)が中国企業500ドットコム / 500.comから賄賂を受け取っていたというニュースが2019年12月25日 クリスマスに飛び込んできました!

IRを巡るニュースで、現職の議員の汚職事件はこれが初めてで、この事件が直接IR法案に影響があるかというとおそらく直接的な影響は無いと言えるでしょう。

この秋元司議員は、現在のところ容疑を否認していますが、彼以外にも500ドットコムの顧問紺野昌彦を含む合計4名を逮捕しました。

この収賄事件の経緯は、2017年9月までさかのぼり、500ドットコムのIR参入に関する裏取引をし、逮捕された容疑者3名から合計300万円もの現金と、さらに北海道家族旅行の旅費まで受け取っていたことが明らかになっています。

IR法案は、日本初のカジノ施設が建設されるということもあり、世界各国のカジノ企業がその参入に向けて血眼になって競い合っていることもあり、このようなニュースを聞くと「やっぱりな。」と思われる方も多いかと思います。今後はこのような贈収賄事件のニュースが出ないことを祈るばかりです。

カジノ法案はパチンコ潰し?パチンコと 複合型リゾート の関係

カジノ-vs-パチンコ-カジノ法案

カジノ法案とネットで検索すると、かならず「カジノ法案 パチンコ潰し」や「カジノ法案とパチンコ」の関係性に関する記事やニュースを目にすると思いますが、カジノ法案がパチンコを潰すというのはやや飛躍した思考だといえるでしょう。

なぜなら、日本でパチンコをプレイする方は主に日本在住の一般の方であるのに対して、IRカジノの主なお客は海外のセレブ、海外&日本の富裕層、一部のカジノファン、外国人観光客となるので、富裕層や外国人観光客がカジノに流れても、パチンコ業界は特に経済的打撃を受けることはないでしょう。

よってカジノ法案がパチンコ潰しをするとは到底考えられませんよね。

IRカジノの入場料?なぜ入場料がかかるの?

IRカジノの入場料は、IR実施法案の規定では日本在住の方の場合一律6,000円となっております。

ではなぜ日本在住の人にだけ入場料を課すのかというと、基本的にギャンブル依存症対策のためといわれており、カジノを運営している海外の国ではとても一般的です。

一方IRカジノへの入場料が無料の国も多々あり、入場料は国によって様々と言えるでしょう。

しかし、6,000円というカジノの入場料は世界的に見ても決して高くはなく、とても一般的です。

IRカジノ 入場制限とは?

カジノ法案では、日本在住プレイヤーへの入場制限が掛けられる予定です。

具体的に言うと、日本在住の方のIRカジノ施設への入場は、

  • 週に3回まで
  • 月に10回まで

とされています。また入場の際には、もちろんID確認として、マイナンバーカードの提示などが検討されています。

なぜここまで日本在住の人への制限が厳しいのかというと、カジノ法案 可決に向けて必要な政策だったといえるでしょう。

ただ、週末にIRカジノに遊びに行く方がほとんどだと推測されるので、週に3回を超えることはあまり考えにくいですよね!

まとめ

カジノ法案可決理由やカジノ候補地、カジノ法案のメリット・デメリットなどをご理解いただけましたでしょうか?

このカジノ構想が実現すると、日本初のカジノ施設ということになるので、注目度は非常に高いですが、カジノ法案(IR法案)の正式名称は統合型リゾート(IR)整備推進法案なので、カジノ施設以外にもいろいろと子供から大人まで楽しめる施設が満載の大型複合施設になることでしょう。

現状では2025年あたりの完成が予定されていますが、IR誘致合戦が加熱してきているので、今後もこのカジノ法案関連ニュースから目が話せませんね!

よくある質問

カジノ候補地はまだPR合戦の真っ最中なので、はっきりとは言えませんが、「大阪」が一番濃厚な線と言えるでしょう。その他にも当ページでは他に7つのカジノ候補地を紹介しているので、是非御覧ください。もしかしたらあなたの町に複合型リゾートができるかも!?

当ページでも詳しく解説していますが、カジノ法案のパチンコへの影響はほとんど無いと言えるでしょう。なぜ?ヒントはターゲット層です!詳しくは当ページを御覧ください!

カジノ法案で決議され採用されたIRカジノへの日本在住の方の入場料は6,000円です。しかしなぜ6,000円もの入場料が日本在住の方からのみ徴収されるのでしょうか?フェアじゃないですよね?その理由については当ページでどこよりも詳しく解説しているので、是非御覧ください。ヒントは「依存症」です。