Skip to main content

仮想通貨トレードとは?やり方やおすすめな取引所紹介!

仮想通貨トレードとは、その名の通り仮想通貨を売買し、トレード(投機)することを指します。近年日本では、仮想通貨の売買がとても一般的になり、スマホやパソコンなので誰でも簡単にできる時代になりました。過去には2017年のビットコインの急騰があり、一年で14倍近くまで価値が伸びたのが、記憶に新しいと思います。

仮想通貨トレード-初心者-ガイド

このページでは、仮想通貨トレードのメリットやデメリット、仮想通貨トレードのやり方やはじめ方、おすすめの取引所仮想通貨の種類などを詳しく説明していますので、 これから仮想通貨トレードを始めたいと思っていらっしゃる初心者の方でも、問題なくスムーズに仮想通貨トレードを始めることができますので、ぜひ参考にしてください。

仮想通貨トレードのやり方とは?

ここでは、仮想通貨トレードのやり方を2つのステップに分けて詳しく説明させていただきたいと思います。

仮想通貨トレードのやり方としては以下の2点があります。

  • 仮想通貨ウォレット の作成
  • 仮想通貨の売買

①仮想通貨ウォレットの作成

まず、仮想通貨トレードを始めるには、仮想通貨用のウォレットと呼ばれる口座がオンライン上で必要になります。初心者の方は、基本的に取引上で仮想通貨を購入する際に、自動的にオンラインウォレットの作成が行われますので、そちらをお勧めいたします。

理由としては、取引所で仮想通貨を購入し、ウォレットを持つことで、取引所が採用しているセキュリティ対策などを同時に受けることができるからです。

ただし仮想通貨トレーダーの中には、不正に仮想通貨を引き出したりする不正行為のために、ウォレットを取引所とは別のところで個人的に管理している方もいますので、心配な方は個人的にウォレットを管理するとよいでしょう。

②仮想通貨の売買

仮想通貨トレードを行うには、仮想通貨をまず購入する必要があります。仮想通貨の購入にはクレジットカードなどを利用し、オンライン上で誰でも簡単に仮想通貨を購入することができますのでご安心下さい。

仮想通貨トレードを行う形の中で、特に人気の取引所は以下の通りです。

  • コインチェック
  • BitFlyer
  • DMM Bitcoin(DMM ビットコイン) 
  • GMOコイン
  • TAOTAO(タオタオ)

仮想通貨トレードに利用できる仮想通貨の種類とは?

仮想通貨トレード-使用可能通貨-種類

仮想通貨トレードに一般的に利用できる仮想通貨の種類は以下の通りです。

  • ビットコイン
  • イーサリアム
  • ビットキャッシュ

また、そこまで一般的ではなく取引上や販売所などでは取り扱ってない場合も多くありますが、 以下の仮想通貨もトレードに利用されることがあります。

  • リップル
  • NEM
  • Lisk

仮想通貨の取引所と販売所の違いとは?

仮想通貨トレード-取引所-販売所-違い

仮想通貨の取引所と販売所の違いを簡単に説明すると、仮想通貨の取引所は仮想通貨を売買したい個人間で取引が行える場所のことを指し、一方、仮想通貨の販売所とは個人と 両者の間で取引を行える場所のことを指します。

仮想通貨トレードをこれから始めたいと思ってる形の中には仮想通貨の取引所と仮想通貨の販売所という2つの名前を耳にしたことがあると思いますが、この2つは一見似通ったものに聞こえるかもしれませんが実は全く別物なんです。

では以下で、仮想通貨の取引所で売買を行う場合仮想通貨の販売所で売買を行う場合のメリットとデメリットを詳しく見ていきましょう。

仮想通貨の取引所で売買を行うメリットとデメリットとは?

仮想通貨の取引所で売買を行うメリットとデメリットは以下の通りです。

取引所のメリット

  • 販売所で仮想通貨を売買するより安値で取引される場合がある。
  • 希望する額での取引注文が可能(指値注文)
  • 現在の価格に近い価格のときにすぐに売買をすることができる(成行注文)

取引所のデメリット

  • そもそも取引される仮想通貨の銘柄が少ない。
  • 注文方法に選択肢がいくつかあるため、思わぬ損失を招くことがある。

仮想通貨の販売所で売買を行うメリットとデメリットとは?

では一方、 仮想通貨の販売所で売買を行うメリットとデメリットは何なのでしょうか?詳しく見ていきましょう。

販売所のメリット

  • 業者間とのやり取りなので表示されている額で確実に売買できる。
  • 個人間の売買より安全性が高い。
  • 売買のプラットフォームがしっかりと構築されているので初心者でも利用しやすい。
  • 売買に関する操作がとてもシンプルで使いやすい。

販売所のデメリット

  • 売買の値段が固定されているため高値での取引になる場合もある。

仮想通貨トレードに税金はかかるの?

ズバリ、仮想通貨トレードに税金はかかります

仮想通貨を売買し獲得した利益には、しっかりと申告をしないと税務署から指摘され、多額の延滞税を払わなければいけなくなるので、仮想通貨トレードをこれから始めようという初心者の方はまず、仮想通貨トレードに税金がかかるということを理解し、税金の申告方法を確認するとよいでしょう。 

仮想通貨トレードで税金を納める必要がある肩の条件は以下の通りとなります。

  • 仮想通貨による売買で所得が年間で20万円を超える方。

より詳しく説明すると、仮想通貨による取引で得た利益は雑所得という種類に当てはまり、 が確定申告をする必要ありますのでお気を付けください。

まとめ

仮想通貨トレードの魅力は十分にご理解いただけましたでしょうか?初心者でもわかりやすいように、仮想通貨トレードのやり方から実際の購入方法まで詳しく説明させていただきました。

初心者の方で特に心配なのは、仮想通貨トレードで利益を上げた場合の税金などですか、 上記で述べている通り、仮想通貨トレードには税金がかかりますので、確定申告が必要となります。

仮想通貨の販売所などを利用すれば、初心者の方でもスムーズに取引を行うことができますので、いきなり個人間での売買に不安を持たれている方は、業者との取引で売買を暗然に完結できる販売所を利用することをお勧めいたします。

よくある質問

仮想通貨トレードとは仮想通貨を売買しその差額で収益を得るトレードの方法です。仮想通貨トレードに利用できる仮想通貨の種類やトレードのやり方などについては当ページで詳しく解説していますのでぜひ参考にしてください。

仮想通貨トレードに税金はかかります。 詳しい説明は当ページをご覧ください。

まず仮想通貨トレードのメリットは、誰でも簡単に始められ短期でも長期でも収益が見込めるというところです。 逆にデメリットとしては、価格の変動が大きいので読みを外すと大きな損失を生む可能性もあるというところです。

仮想通貨トレードに利用できる仮想通貨の種類で一般的なものは、以下の通りです!

  • ビットコイン
  • イーサリアム
  • ビットキャッシュ

※取引所などによっては、リップル、NEM、Liskなどのアルトコインもトレードできるところもあります!