Skip to main content

ビットコイントレードって何?

ビットコイントレードとは、ビットコインの価格変動を利用して売買し、利益を得るトレードの種類を指します!日本でも大注目の仮想通貨トレードですが、ビットコインのトレードは最も人気のあるトレードの種類と言っても過言ではないでしょう!ボラタリティのとても高いビットコイン故に、スリルのあるトレードをお楽しみいただけます!

そもそもビットコインとは?

そもそもビットコインとは世界で初めて受け入れられた仮想通貨であり、世界中の人々から利用されている最も知名度の高い仮想通貨です。現在では、日本でもとても注目されており、ビットコインのトレードや投資・投機方法などが様々あり、とても便利な新しいカタチの通貨でもあります。

サトシ ナカモトという日本の名前と思われる何者かによってビットコインは作られたとされていますが、現在でもその人物が誰なのかはわかっていません。

ビットコインウォレットとは?

ビットコインウォレットとは、ビットコインをすでに保有している方がビットコインを保管、収納しておくためのお財布のような役目を果たすものです。

ビットコインウォレットにはいくつかの種類があり、例えば、取引所が管理してるビットウォレットや、取引所とは別に持つことができるビットウォレットなどがあります。

取引所で実際にビットコインを買った場合、自動的に取引所のビットコインウォレットにビットコインが保管されることになります

ビットコインウォレットは必要なの?メリットは?

上記で説明した通り、ビットコインウォレットは取引所でビットコインを買った際に、自動的に作成され、取引所内でビットコインウォレットを既に所有している、ということになります。

ではなぜ、ビットコインウォレットを個人的に保有しておく必要があるのでしょうか?

メリットなどは果たしてあるのでしょうか?

一番大きなメリットとしては、「安全性」が挙げられます。

なぜビットウォレット取引所とは別に保つことが安全につながるのかと言いますと、 例えば利用している取引所なので、ハッキングなどによって不正に仮想通貨が盗まれてしまった場合、すべての仮想通貨を取引所のウォレットで保管している方の場合、被害額は想像を絶するものになると考えられます。 しかしながら、取引所内のウォレットを利用していない場合、ハッキングなどの被害に遭う確率がかなり低くなると予想できます。 よって、安全性の面から考えると、ウォレットを個人的に所有し、その中に、購入したビットコインを保管していくことは、とても安全でハッキングなどの被害から未然に自分の資産を守ることができます。

ウォレットの種類

ビットコインウォレットには、様々な種類があり、大きく分けてホットウォレットコールドウォレットに分けられます。

ホットウォレットとは、インターネット上で仮想通貨を保管できるウォレットのことを指し、モバイルウォレット、オンラインウォレット、デスクトップウォレットなどがあります。

一方、コールドウォレットと呼ばれる種類には、USBなどのハードウェアウォレットやペーパーウォレットなどがあります。

これらのウォレット中で、一番自分に合ったウォレットを探すためにはまずは、ビットコインウォレットを利用する目的を考えると簡単に選ぶことができます。

ウォレットを利用する目的が投資の場合は、コールドウォレットではなくホットウォレットを利用することにより、より利便性を追求することができ、 逆にウォレットを利用する目的が貯金用や、月に1回の買い物などの場合、ペーパーウォレットなどのコールドウォレットがおすすめです。 

ビットコイントレードのメリットとは?

ここでは、ビットコインのメリットについて、これからビットコインを使ってトレードや投資をしようと思っている方のために簡単にまとめていますので、是非ご参考にしてください。

  • 他の通貨と違いどの国家、組織にも属していない。
  • 全世界の人が平等に利用できる。
  • 年中無休で取引ができる。
  • 個人間でのトレードが可能。
  • 価値の変動が目まぐるしく起きる。

ビットコイントレードの3つの種類

ビットコイントレードには、大きく分けて以下の3つの種類があります。

  • デイトレード
  • レバレッジトレード(レバレッジ取引)
  • アービトラージ

ビットコインのデイトレードとは?

ではまず、ビットコインのデイトレードについて簡単にご説明させていただきます。

ビットコインのデイトレードとは、「デイ」という言葉がお分かりの通り、短期トレードのことを指し、文字通り1日で終わるトレードになります。

1日で終わる=その日に購入したビットコインを、その日のうちに売却するというのがこのビットコインのデイトレードとなりますので、とてもスピーディー短期的な利益を追求してる方にとてもお勧めです。

ビットコインのデイトレードのメリットとしては、上述の通り、短期的な利益をすぐに獲得できるところです。もちろんビットコインの価格変動は激しいので、タイミングを逃すと1日の間に大きな不利益を被ることにもなりますので、注意が必要です。

デイトレードのデメリットとしては 、1日のうちに大きな損失を招く可能性も少なくはありません。正直なところ、トレードは初心者が行うには少し困難かもしれませんが、トレードに慣れている方であれば、1日のうちに希望額を稼ぐことも可能ですので、デイトレードは少々上級者向きと言えるでしょう。

レバレッジトレードとは?

ビットコインのトレードの2つ目の種類としては、レバレッジトレードというものがあります。

このレバレッジトレードというのは、現在口座にあるビットコイン残額の数倍にあたる取引を行うことで、数倍の利益を得ることができるビットコイントレードの種類となります。

もちろん口座残額の数倍をかけることになりますので、損失した場合は数倍の損失を被る事にもなります。このビットコイントレードは、少々リスキーな部分がありますが、一発逆転のトレード方法でもあります。

また、取引所によって、レバレッジの倍数に制限があり、レバレッジトレードを行う予定の方はぜひ、行う前に各取引所のレバレッジ制限を確認されると良いでしょう。

また以前、レバレッジを行っていたとは取引所であっても、現在行ってない場合もありますのでご注意ください。

アービトラージとは?

アービトラージとは、よくトレードで使われる専門用語で、 よりビットコインが安く売られている取引場を探し、そこでビットコインを購入し、ビットコインを高く買っている他の取引所で売却し利益を得る、ということを指します。

しかしながら、このアービトラージは少し困難で、レートが頻繁に変動しますので、より高くビットコインを買っている取引所を探してる間に、レートの化が起きてしまう、ということも多くありますので、これもまたタイミングが重要です。 

ビットコイン購入方法

ここでは、ビットコインの購入方法について、紹介させていただきたいと思います。

取引所でのビットコイン購入方法!

取引所でビットコインを購入する場合は、まずアカウント登録をする必要があります。

アカウント登録をするにあたってまず、取引所を選ぶ必要があります。

人気の取引所は以下の通りです。

  • BitFlyer( ビットフライヤー)
  •  コインチェック

取引所を選択した後の手順は以下の通りです!

  • サイト上でメールアドレスやパスワードなどを入力。
  • アカウント作成をクリック。
  • 入力したメールアドレスにサイト側から仮登録の完了などに関するメールが届く。
  • そのメール内にあるURL をクリックし、登録を完了する。
  • 携帯電話番号で承認確認を行う。
  • 本人確認書類と呼ばれる書類を提出する。
  • 審査が通れば、実際にビットコインの売買が可能!!

取引所の中には、SNSなどで登録できるサイトもありますので、登録作業が面倒という方は是非、SNSをアカウント登録にご利用くださいませ。

基本的にSNSを使った登録の場合、1分以内で登録が完了する場合が多いので、お忙しい方は是非この方法で登録してみてはいかがでしょうか。

また、本人確認書類を提出する方法としては2つあり、Webから申し込みを行う方法、またはアプリから申し込む方法の2つです。

 Web から申し込みを行った場合は、ハガキにて受け取りを完了をしなければいけませんが、アプリから申し込みを行った場合は、審査後にすぐにアカウントが利用可能になりますので、どちらかといえばアプリから申し込みを行った方がスムーズです!

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の注文方法

実際にビットコインを購入する場合、注文方法がいくつかあります。

ここでは、指値注文と成行注文という注文方法について詳しく解説していますので、是非参考にしてください。

ビットコインの指値注文とは?

指値注文とはいわゆる注文予約のようなもので、あらかじめこの金額で購入したいという金額を決めておいて、ビットコインの価値がその金額に到達した時に売買が行われるという方法です。

この方法を利用することによって、自分が希望する額以上のレートでビットコインを売買することがないので、お金を使いすぎたりすることもありませんので、比較的安全にビットコインを購入することができるでしょう。

しかしながら、ビットコインは相場の変動がとても激しいので、設定した金額に届くことがなく長い間待たないといけないという状況も起こり得ます。よって、この方法は初心者の方にはとても有効ですが、ビットコイントレードに慣れている方にはあまりオススメはできないです。

成行注文とは?

成行注文とは、指値注文とは全くの別物で、現在のレートでビットコインをその場で売買する注文方法のことを指します。具体的に説明すると、レートを確認してる時にビットコインの相場が下がり、安い値段でビットコインを買うチャンスがあったとします。その際に、その瞬間でビットコインを売買することがこの成行注文ということになります。

しかしながら、この注文方法でビットコインを買うためには、チャートを自分で逐一リアルタイムで確認し、注文しなければいけないので、少々困難な注文方法と言えるでしょう。

しかも、チャートを逐一確認しているのは自分だけではなく、多くの投資家の方なのが常にリアルタイムでチャートを確認しているので、同じタイミングで注文がたくさん入ってしまう場合、注文が反映されるまでに多少の時間かかってしまうこともあります。

この間に価格の変動が大きくあった場合、少々損をしてしまうというケースもありますので注意が必要です。

ビットコインの購入にかかる手数料

ビットコインを購入するにあたって、手数料というものが存在します。ビットコインの購入手数料は大きく分けて以下の4つがあります。

  • 日本円の入金・出金手数料
  • 売買手数料(取引手数料)
  • 仮想通貨の入金手数料
  • 仮想通貨の送金手数料

ではこの4つのビットコイン購入にかかる手数料について、詳しく見ていきましょう。

日本円で入出金する際の手数料とは?

まずビットコインを購入するためには、作成したアカウントに日本円で入金をする必要があります。その際に、日本人の方の場合は、銀行振り込みや様々な決済方法でアカウントに入金することができますが、この際に、決済方法によって入金または出金の際に手数料がかかる場合が多くあります。

決済方法によって手数料が異なりますので、入出金の前に決済方法ごとの手数料を調べてから行うと良いでしょう。

ビットコインの送金手数料とは?

次に、ビットコインを個人間でやり取りする場合にかかる手数料について、ご説明致します。

 Bitcoin の特性として、個人間でビットコインの送金を行うことができます。

この際に、他人のアドレスから自分のアドレスへビットコインを使って送金をする場合、送金手数料というものがかかります。 またその反対で、ビットコインを受け取る際にも入金手数料というものが発生するので、個人間で Bitcoin のやり取りをする場合の手数料に対して、気を配る必要があります。なぜなら、小額のやり取りをする場合、手数料で多く取られてしまう場合があり、少額の送金はあまりメリットがないからです。

売買の際にかかる手数料とは?

実際にビットコインを売買する際にかかる手数料は、取引手数料と呼ばれ、 この手数料は取引所がトレーダー(トレードを行う一般の方)から受け取る手数料となります。

要は、トレーダーの方が取引所でビットコインを売買する際に、取引所への手数料を支払うということになります。

購入する場合でも売る場合でも、どちらでも、手数料がかかる場合がありますので、あらかじめ取引手数料について調べておくのが賢明でしょう。

ビットコインの送金手数料

このビットコインの送金手数料には、大きく分けて2種類あり、一つ目が取引所が受け取る手数料、もう一つがマイナーと言われる取引の検証を行っている方に送られる手数料です。

この手数料に関しては、実際に取引を行う方が設定することが可能である取引所が多く、より高い手数料を設定することによって処理時間が短くなる、という利点があります。なぜ高い手数料=処理時間が短くなのか、と言いますと、マイナーによって優先的に送金の処理が行われるため、結果的に処理時間が短くなる、という利点があります。

まとめ

ビットコイントレードの魅力について理解していただけましたでしょうか?ビットコインはとても実用性が高く、ただ単に売買するだけで利益を生み出すことも可能です。手数料などに気を配ることによって、うまく運用トレードをすることができますので、初心者の方でも是非お試しください。

よくある質問

ビットコイントレードとはその名の通りビットコインを利用したトレード=投機ということになります。このページではビットコイントレードのメリットやこれからビットコイントレードを始めたい方に向けた耳寄りな情報を掲載していますのでぜひご覧ください。

ビットコインの購入方法には様々な方法があり、例えば、取引所でビットコインを購入する方法も一つの方法です。トレード初心者の方は、取引所を選び、まずビットコインウォレットを作成することをオススメいたします。ウォレット種類などに関して、当レビューで解説していますので是非御覧ください。

ビットコインのデイトレードのメリットとデメリットを簡単に説明すると、価格変動が激しいことから起きる思わぬ収入と損失です。これらは表裏一体ですが、そこに魅力があるとも言えますよね。詳しくは当ページを御覧ください。