Skip to main content

トレードとは?

トレードとは、ある価値に自分の資金を投じる行為を指します。トレードは投機とも呼ばれ、よく投資と同じものだと考えられることが多いですか、トレードと投機は全くの別物です。

トレードとは

このページでは、トレードと投機の違い、またはトレードを行う上で気をつけたいことや、トレードのメリット、最近話題の仮想通貨トレードについて詳しく解説していますのでご覧ください。 耳寄り情報もございますので、是非最後までご覧いただけると幸いです。 

デイトレードとは?

デイトレードとは、その名の通り、1日でトレードを完結させるタイプのトレードです。

デイトレードを行うトレーダーはデイトレーダーと呼ばれ、彼らは1日のうちに複数の金融商品を売買し、少ない市場価値の変動に目を向け、少ない利益を複数重なることで利益を求めるというスタイルをとっています。

もちろん、1日のうちに売買を行う判断を何度も行わなければいけないので、集中力と判断力が求められます。

トレードの種類とは?

トレードといってもいくつかの種類があり、もっとも一般的なのは以下の5つの戦略です。

※デイトレードとは、その日のうちに取引を完結させるというタイプのトレード方法であり、戦略ではありません。

  • マネーフロー
  • スイングトレード
  • スキャルピング
  • トレンドトレーディング
  • ミーン・リバージョン

トレードの戦略①: マネーフローとは?

トレードの戦略の一つ目として、マネーフローがあります。マネーフローという言葉からわかる通り、お金の流れに注目し、ある価格に注目し、当日と前日の取引の数を比較し、この値が80以上である場合は、この価値が買われすぎということになり、この商品を売るとても良いタイミングということになります。計算で売買のタイミングを図ることができるので、割と戦略としては安定したトレーディングの戦略といえるでしょう。

トレードの戦略②: スイングトレードとは?

スイングトレードとは、小さな価格の上昇に目を向け小さい時を積み重ね、いずれ大きな利益を生むという概念に基づいたトレードの方法です。スイングという言葉からも分かる通り、価格変動を繰り返す価値の変化に目を向けたトレードの方法です。このスイングトレードを行うトレーダーの中の多くは、短期的に利益を出す方が多く、 小さな価格変動を何度も繰り返すことによって利益を生み出すので、 中長期的というよりは短期的に利益を積み重ねた方が効率的です。

トレードの戦略③: スキャルピングとは?

スキャルピングとは、小さな利益を短期的に何度も何度もを積み上げていくことで利益を取るトレードの方法です。こちらも上記のスイングトレードと同じく、短期的に利益確定を狙う方法で、 翌日に取引を持ち越すと予想外の損失を生む可能性があります。 スキャルピングを行うためには、予め目標を立て計画通りに進めることが求められます。

トレードの戦略④: トレンドトレーディングとは?

トレンドトレーディング とは、トレンドという言葉からわかる通り、 今後起こるであろう資産の変動を分析し、トレンドが向かう方向に応じて売買し、その差額から利益を得るという方法です。

基本的に、トレンドトレーディングの場合は、デイトレーディングというよりかは中長期的な長いスパンで価格の売買が行われる傾向にあります。しかしながら、商品によってはデイトレードで完結する場合も少なくはありません。

このトレードの戦略は、中長期的な予測や市場の分析研究が必要となりますので、やや難易度は高いと言えるでしょう。

トレードの戦略⑤: ミーン・リバージョンとは?

ミーン・リバージョンとは、現在の価格を過去の価格の平均値と比べて、より価格が変動している資産を探し、その価格が平均値へ戻ることを予測してトレードする方法を指します。

ミーン・リバージョンの良い所は、たとえ価値が暴落していても過去の価格の平均値に戻るという仮定のもとに売買を行うので、データをしっかり分析できている場合は、この平均値へ戻るということが濃厚なので、少し期間をあければ元が取れるということが考えられ、安定的に元を取ることができます。

トレードと投資の違いとは?

投資とトレードの違い

上記で説明した通り、トレードとは、「価格」に資金を投じる行為を指しますが、一方で投資とは、企業やサービスの「価値」に資金を投じる行為です。

一見、価値と価格は似ているように思えて、実は大きな違いがあります。

この違い、例を取ってわかりやすく説明すると、トレードでは現在の価格に資金を投じる行為を指すので、日々チャートなどで株価などの変動をチェックし、タイミングを見計らって資金を投じる必要があります。

一方後者の場合は、今後の企業の成長や活躍を見極めて、資金をその企業やサービスに投資しなければいけませんので、未来を想像し、投資する価値があるかなどの的確な判断が必要となります。

例えるならば、投資とは、植物を苗の状態で買い、その成長に投資するということで、トレードの場合は、すでに実をつけているフルーツの木を売買するというイメージをしていただけるとわかりやすいかと思います。

トレードのおすすめな点と気をつけたい点とは?

では実際に、トレードを始めたいという方の為にトレードを強くお勧めする理由と、逆にトレードをする上で気を付けたい点をわかりやすく箇条書きにして説明していますので、是非ご覧ください。

トレードのおすすめの点

  • 即時に利益が確定する。
  • 仮想通貨を使ってトレードをすることもできる。
  • タイミングが合えば大きな利益を期待できる。
  • 価格に資金を投じることにより比較的難易度は低いと言える。

トレードの気をつけたい点

  • 価格変動が激しいためタイミングを間違えると損失額が大きくなる。
  • 初心者がいきなりやるというのはやや難しいかもしれない。

トレードに向いているマーケットとは?

トレードに向いてるマーケットは基本的に以下の4つとなります。

  • 株式
  • 株価指数
  • FX
  • 仮想通貨

まず,トレードで最も一般的なのは、株のトレードです。 特にデイトレードで株のトレードはとても一般的で、なぜかと言うと、例えば翌日にある企業で何か悪いニュースが世の中に広まると、その株の価値は当然下がりますよね?

よって、株が安定している今日中に売買することによって、リスクを回避することができるので、それによりデイトレードにとても向いているマーケットということになります。

次に、株価指数のトレードですか、株価指数のトレードの場合は、一つの企業を見るのではなく、一つの株式グループに目を向けトレードを行う方法となります。 こちらもとても一般的なデイトレードのマーケットと言えるでしょう。

 FX とは、フォーリンエクスチェンジの略で、簡単に説明すると、日本円をユーロなどに変えた際に出た差額によって利益を得る方法のことを言います。

最後に仮想通貨トレードですが、こちらは最近になって注目を浴び始めたこれらの方法で、ビットコインなどの仮想通貨を売買し、その差額を利益として得る方法を指します。ビットコインが日本に普及した当時、このビットコイントレードによって10倍、20倍、それ以上の利益を得た方々がたくさんいたのも、記憶に新しいと思います。

では次のコーナーで、この仮想通貨を利用したトレードについて詳しく説明していきたいと思います。

仮想通貨トレードとは?

上記で軽く触れた通り、仮想通貨トレードとは、仮想通貨を売買し、その差額を利用し利益を得る方法を指します。日本ではビットコインやリップルイーサリアムなどの仮想通貨が一般的ですが、世界にはより多くの仮想通貨が存在し、それらを使ってデイトレードなどをするトレーダーが年々増えています。

まとめ

トレードと聞くと、少しハードルが高いように聞こえますが、実はデイトレードなどで短期間で価値が出るということもあり、年々その人気が高まっています。トレードといっても、その種類は様々あり、マーケットもたくさんの種類が存在します。

当ページでは、株式や株式指数、 FX、 仮想通貨トレードなどについて触れましたが、特に人気がうなぎ登りな仮想通貨トレードは、今とても熱いトレードのマーケットと言えるでしょう。

よくある質問

トレードとは、価格に資金を投じることを指します。 等ページでは、トレード(投機)と投資の違いなどにもついて詳しく解説していますので、ぜひご覧ください。

トレードで一般的なマーケットは以下の四つです。

  1. 株式
  2. 株価指数
  3. FX
  4. 仮想通貨

仮想通貨トレードとは、その名の通り、仮想通貨を売買しその差額を利益としているトレードの方法を指します。